年賀状はテンプレをコピーして印刷しよう

年賀状は手書きやイラストを印刷して送る人もいますが、最近は挨拶のテンプレが用意されているものもあるようです。業者に依頼すると、昨年頼んで年賀状のあいさつ文をテンプレとして印刷し、柄や模様などをその年の干支に変えるといったものもあります。年賀状は手書きの方が温かみもあって人気ですが、忙しくてなかなかそうも言っていられない、という方にはテンプレの挨拶を入れたものがお薦めです。年賀状を書かない、なんて人もいますがやはり正月の挨拶が来た相手には、親しみを感じるものです。

そう考えると、多少面倒でも「今年もよろしくお願いします」の言葉はある方が良いでしょう。テンプレ以外にもオリジナルで言葉を入れることが出来る業者もありますが、これを定番のものにするのか毎年変えるのかは個人で判断出来るといいます。まずは業者のホームページをチェックして、どのようなものをイメージするのかを考えると良いです。年賀状ではなくラインなどで終わらせる、と言う人もいますが社会人になると上司などへの挨拶は欠かせません。

きちんと年賀の挨拶を行うことで、人間関係が円滑になる場合もあるのです。テンプレのあいさつ文には、「昨年はお世話になりました」や「本年もよろしくお願いいたします」といったよく見られるものはもちろん、企業側からの定番挨拶なども昨年のものを記憶しておき、それを印刷することも可能です。自分でデータを保管しておくのも良いですし、業者へ依頼するのもおすすめです。年賀状のテンプレのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です